Differences between revisions 5 and 6
Revision 5 as of 2018-10-04 06:11:47
Size: 2095
Comment:
Revision 6 as of 2018-10-18 12:30:59
Size: 2756
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 30: Line 30:
 * 対話環境でも利用は,時折取り入れていきます.
  * IDLE,Spyder, Jupyter Notebookも使えます.

   * IDLEはPythonに標準で含まれています.
   * SpyderとJupyter Notebook (JupyterLab)は,Anacondaに含まれています.
 * 対話環境の利用は,授業の中では,機能の確認など,限定した範囲でのみ使います.
  * 2年生向けの授業では,本格的にはつかいません
   * 課題や例題では,かならず,エディタでPythonのソースファイルを作り,pythonコマンドで実行するようにしましょう
   * 授業の中で,新しい機能がどういうものかを確認するといった程度では,対話シェルも使います
    * もっとも,IDLE等のツールとして起動するのではなく,高々,pythonコマンドを引数なしで起動するといった使い方が中心です.
  * 使えるかどうかということでいえば...
   * IDLE,Spyder, Jupyter Notebook(JupyterLab)も使えます.
    * IDLEはPythonに標準で含まれています.
    * SpyderとJupyter Notebook (JupyterLab)は,Anacondaに含まれています.


ツール

Python言語パッケージ: Anaconda

  • 授業では,Python 3.6以降をつかいます.
    • 実際には,Python 3.6以降を中心に,グラフ描画や,数値計算/データサイエンスなどの便利なモジュールを組み込まれている,Anacondaというパッケージを使います.
    • 2018年度秋学期開始時の,Anacondaのバージョン5.2.0は,Python 3.6.6を採用しています
      • Python言語の最新版は3.7.0ですが,各種モジュールの対応が順次行われますので,対応が進んでいる3.6系列を使いましょう
  • エディタは,とりあえずは,notepad++という,高機能なメモ帳をつかいましょう.
    • notepad++
      • 通常の「メモ帳」よりも高機能なテキスト・エディタです
        • いろいろな言語の文法(シンタックス,構文)を知っているので,構文ハイライト(色付け)ができます.
        • プラグインでいろいろな機能を組み込めます
        • インデント(字下げ)設定
          • 「設定 > 環境設定」(settings > Preference)の「言語メニュー / タブ設定」(Language / Tab Settings)

            • 「半角文字,4文字」に設定します
    • IDLE,PyCharmといった統合環境も一応インストールしてあります.

      • PyCharmは高機能ですが,皆さんに作っていただく例題があまり大規模ではないので,授業では,むしろ使いにくいかもしれません.

  • 対話環境の利用は,授業の中では,機能の確認など,限定した範囲でのみ使います.
    • 2年生向けの授業では,本格的にはつかいません
      • 課題や例題では,かならず,エディタでPythonのソースファイルを作り,pythonコマンドで実行するようにしましょう
      • 授業の中で,新しい機能がどういうものかを確認するといった程度では,対話シェルも使います
        • もっとも,IDLE等のツールとして起動するのではなく,高々,pythonコマンドを引数なしで起動するといった使い方が中心です.
    • 使えるかどうかということでいえば...
      • IDLE,Spyder, Jupyter Notebook(JupyterLab)も使えます.

        • IDLEはPythonに標準で含まれています.
        • SpyderとJupyter Notebook (JupyterLab)は,Anacondaに含まれています.

SoftEng: 2018/00/Tool (last edited 2018-11-08 07:36:00 by TadashiIijima)