授業-ソフトウェア工学 > 2018年度 > 第02回


授業-2018年度-ソフトウェア工学-第02回

*

(公開)



  • 第02回*

    2018-10-03(水)

    Python復習(1)
    +関数定義

    【復習と整理】データ型の体系的理解
    【復習と整理】データオブジェクトと式
    【復習と整理】構造化構文(分岐/反復)(1)
    【新しい話題】関数定義



お知らせ

[ edit ]


  • アンケートと課題の提出
    • 今回は,keio.jpの授業支援システムを試してみます(履修申告の修正が反映されていないかもしれません)
      • 課題提出は,今回は「試し」です.
        • できたところまでを「Zipでアーカイブ(圧縮)して,提出してみる」こと自体が,しいて言えば「課題」です
      • アンケートは第03回から試してみましょう
*
*


概要

[ edit ]


概念編

[ edit ]

*


実習編

[ edit ]

  • 概要
    • エディタでプログラム・ファイルを作成し,Pythonコマンドで実行してみましょう
      • これを基本として,課題作成などでは実践してください
      • 課題を,対話的シェルで動かしたところで,提出できません
        • いずれ,「お試し」程度ですが,Jupyter Notebookのような環境も使います.
          • そのときは,ノートブックの保存もできます.
          • その形式での提出を指示したとき以外は,pyを拡張子とするPythonプログラム・ソース・コードのファイルを作りましょう
          • 繰り返しますが,2年生の授業では,時間の余裕があるときに「お試し」するくらいでしか使いません.
    • ただ,授業中には,一部のPython機能を確認するために,手軽に「対話的シェル」を使うことがあります.
      • もっとも,限定的な使い方にとどめます
        • そうしないと,なぜか,コマンドプロンプトに,Pythonのプログラムを直接打ち込んでしまう人が,増えてしまう傾向があるように思われるからです.
*
*


配布資料

事前配布資料

[ edit ]


  • 今回の配布物

    資料  

    SE02-S001

    02

          

    pdf

    プログラム

    SE03-P001a

    03

    例題

    zip

    プログラム

    SE02-P002a

    02

    演習(基本課題)

    zip

    コードリスト

    SE02-P001a

    02

    例題(仮)

    pdf

    コードリスト

    SE02-P001x

    02

    例題(仮)

    pdf

    前回の配布物

    事前準備スクリプト
    (Windowsバッチファイル)

    矢上ITC環境設定

    Setup-Python3-Yagami.cmd

    資料  

    SE01-S001a

    01

    概念編

    pdf

    プログラム

    SE01-P001a

    01

    例題 

    zip

    プログラム

    SE01-P002a

    01

    演習 

    zip

*

授業中に作成する資料/プログラム(授業後などに念のために配布する予定です)

[ edit ]


*
*


今回の内容

[ edit ]

*


実習編

[edit] ⇒ HandOutHandOut(Digest)



*
*


プログラムの説明

例題

基本課題

[ edit ]

拡張課題

[ edit ]

*


授業の狙いと特徴

[ edit ] ⇒ HandOut

*


*


*

SoftEng: 2018/02/IndexPage (last edited 2018-10-10 17:48:52 by TadashiIijima)