授業-ソフトウェア工学 > 2018年度 > 第10回


授業-2018年度-ソフトウェア工学-第10回

*

(公開)





お知らせ

  • 試験実施日のアンケートがあります
*


概要


概念編

  • 概要
    • ファイル入出力
    • 例外処理


実習編

  • 概要
    • ファイル入出力
    • 例外処理
*


配布資料

  • プログラム   

    SE10-P001a   

         

    zip

*


今回の内容

  • 内容
    • 以下のページ(本サイト内)にまとめています.
      • ファイル入出力

        • Python/Langから辿っていただいても到達できます

          • 入出力⇒ファイル入出力
        • 試しに,存在しないファイルを読み込みオープンしてみましょう
      • 例外処理

        • Python/Langから辿っていただいても到達できます

        • 但し,今回は,raise文による例外送出や,ユーザ定義例外については扱わず,これまで,見かけてきた実行時エラーへの対応を中心に扱います


課題

  • 基本課題1: 単語の出現頻度表
    • 単語の出現頻度表作成は,以前にも取り組みました
    • やっていただくこと
      • 頻度を調べるデータをファイルから読み込んで,ファイルに書き出すようにしましょう.
        • 結果を画面に表示するプログラムを配布します
        • (1) 結果をファイルに書き出すように書き換えてください
  • 基本課題2: 都道府県ごとの統計(面積,人口,人口密度)
    • やっていただくこと
      • (1) CSVファイルなのですが,1000以上の数値はカンマ区切りで与えられているので,文字列としてCSVファイルが作られます
        • 1000以上の数値からはカンマを取り除く必要があります.
      • (2) 1行目のヘッダと2行目の全国データは取り除きましょう
      • (3) 統計情報から,人口密度を計算し(人口÷面積ですね),統計に含まれている人口密度のデータと比較してください
  • 基本課題3: 新幹線の特急運賃の計算
    • 新幹線の特急運賃の計算は,以前にも取り組みました
    • やっていただくこと
      • 以前やったBP_04と同等のものを配布します
      • (1) 乗車料金,特急料金の表をファイルから読み込みましょう

    基本課題1

    BP_05_001a_word_frequency_list.py

    単語の出現頻度表

    kenpo.txt

    →データファイル(日本国憲法・前文)

    基本課題2

    BP_05_002a_prefecture_info.py

    都道府県ごとの統計(面積,人口,人口密度)

    prefecture_data_2015a-processed.csv

    →データファイル(CSVファイル)

    基本課題3

    BP_05_003a_express_fare_table.py

    新幹線の運賃表

    BP_04_001a_price_table_test.py

    テストドライバ

    BP_04_001a_price_table_print.py

    結果の表の表示

    fare_table.csv

    →データファイル(乗車料金;CSVファイル)

    express_fare_table.csv

    →データファイル(特急料金;CSVファイル)

*


プログラムの説明

  • 配布プログラムの概要
  • サンプルプログラム
*


授業の狙いと特徴

[ edit ] ⇒ HandOut

*


*


*