授業-ソフトウェア工学 > 2018年度 > 試験 > 第01回 学力確認試験 > 第01回 学力確認試験 問題02


授業-2018年度-ソフトウェア工学-第01回 学力確認試験 問題02

文字列を指定した桁数だけずらす(はみ出た分は反対側にいれる)関数shift_str( x, column )

*

(公開)



問題 02: 文字列を指定した桁数だけずらす(はみ出た分は反対側にいれる)関数shift_str( x, column )


問題

  • 問題 2

    文字列とリスト,データ入出力

    2-1

    文字列を指定した桁数だけずらす(はみ出た分は反対側にいれる)
    関数shift_str( x, column )

    文字列を指定した桁数だけずらす(はみ出た分は反対側にいれる)
    関数shift_str( x, column ) shift_str( x, column )を作ってください.

    エラー処理は省いて構いません.

    この関数をつかって,入力された文字列を3桁右方向へずらせた
    結果の文字列を表示してください.


関数

メイン

# ==============================================================================
# ===== 【メイン・プログラム】 =================================================
# ------------------------------------------------------------------------------
# ----- データを入力する -------------------------------------------------------
data_str = input( " 文字列を入力してください >>> " )
# ------------------------------------------------------------------------------
# ----- 文字列を3桁だけずらせた文字列を表示する -------------------------------- 
print( shift_str( data_str, 3 ) )
# ==============================================================================


使い方

python shift_string.py
  文字列を入力してください >>> abcdef
defabc


解答例

[ edit]

  • ★基本的な解 (1): この問題で,確認したい学力を持つことを示しています

    解答例01

    a

    文字(1文字だけの文字列)のリストとしてシフトの結果を作り,連結します

    解答例02

    b

    文字(1文字だけの文字列)のリストとしてシフトの結果を作り,連結するのにjoin()関数を使います

    解答例03

    c

    「はみ出た部分文字列」と「はみ出ない部分文字列」を抽出するのにスライスを使います

    ★高度な手法: 授業では扱っていない手法を使っています 

    解答例04

    d

    「はみ出た部分文字列」と「はみ出ない部分文字列」を抽出するのに内包リスト表現を使います

    *


*


SoftEng: 2018/Exam/01/02/IndexPage (last edited 2018-12-05 17:06:32 by TadashiIijima)