Differences between revisions 8 and 10 (spanning 2 versions)
Revision 8 as of 2018-10-20 19:56:11
Size: 2116
Comment:
Revision 10 as of 2019-10-09 13:44:03
Size: 450
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 14: Line 14:
<<Include(../Summary/0020_Practice)>>[[../Summary/0020_Practice|*]]

----
=== 概念編 ===
[ <<Action(edit)>> ] <<Navigation(slides)>>

==== 【復習と整理】 ====

  * [[Python/Lang/DataType|データ型|target="_blank"]]の体系的理解
  * データオブジェクトと式
  * 構造化構文([[Python/Lang/ControlStructure/Condition|分岐|target="_blank"]]/[[Python/Lang/ControlStructure/Loop|反復|target="_blank"]])(1)

==== 【新しい話題】 ====
  * [[Python/Lang/Function/Paramater/Contents|関数定義|target="_blank"]]

----
=== 実習編 ===
[ <<Action(edit)>> ] <<Navigation(slides)>>

 * 概要
  * エディタでプログラム・ファイルを作成し,Pythonコマンドで実行してみましょう
   * これを基本として,課題作成などでは実践してください
   * 課題を,対話的シェルで動かしたところで,提出できません
    * いずれ,Jupyter Notebookのような環境も使いますが,そのときは,ノートブックの保存もできます.
     * その形式での提出を指示したとき以外は,pyを拡張子とするPythonプログラム・ソース・コードのファイルを作りましょう
     * 2年生の授業では,時間の余裕があるときに「お試し」するくらいでしか使いません.
  * ただ,授業中には,一部のPython機能を確認するために,手軽に対話的シェルを使うことがあります.
   * が,限定的な使い方にとどめます
    * なぜか,コマンドプロンプトに,Pythonのプログラムを直接打ち込んでしまう人が,増えてしまう傾向があるように見えるからです.
## <<Include(../Summary/0020_Practice)>>[[../Summary/0020_Practice|*]]


概要

[ edit ]


概念編

[ edit ]

*

SoftEng: Pub/02/Summary (last edited 2019-10-09 13:44:03 by TadashiIijima)