Python > 言語 > 関数 > ラムダ式


Python - 言語 - 関数 - ラムダ式

*

*

ラムダ式(lambda)

(パラメータを伴わない)関数の定義と呼び出し

edit

  • 文法

   1 lambda_expr        ::=  "lambda" [parameter_list]: expression
   2 lambda_expr_nocond ::=  "lambda" [parameter_list]: expression_nocond
  • ラムダ式 (lambda expression または lambda forms)
    • 無名関数を定義するのに使う
    • lambda 引数: 式 は関数オブジェクトになる.

      • ラムダ式自体は式として扱われるため、関数の引数に指定することができ
    • ラムダで表される無名オブジェクトは以下の関数オブジェクト同様に動作する.

   1 def <lambda>(arguments):
   2     return( expression )
  • ラムダ式で作成された関数は文やアノテーションを含むことができない点に注意.

   1     myfunc = lambda x, y: x + y
   2     print( myfunc(3, 5) )               #=> 8
  • lambda式は、sorted(), map(), filter()などの関数に渡す無名関数として利用されることがあります。

   1     a = [1, 2, 3]
   2     print( map(lambda x: x ** 2, a) )       #=> [1, 4, 9]
*

リファレンス

*



Software Engineering(IIJIMA, Tadashi -- Keio Univ.)



*

SoftEng: Python/Lang/Function/Lambda (last edited 2018-09-28 17:06:32 by TadashiIijima)