Differences between revisions 10 and 12 (spanning 2 versions)
Revision 10 as of 2018-10-25 12:57:51
Size: 1839
Comment:
Revision 12 as of 2019-10-09 17:07:38
Size: 1839
Comment:
No differences found!

[ edit ]

  • 例題プログラムの核心的な部分は..

def area_of_triangle( bottom, height ):
    area = float()
    area = ( bottom * height ) / 2
    return( area )
  • return文
    • return文は,関数ではなく文なので,(...)は不要です

    • でも,私は大概の言語でreturn文には括弧をつける習慣を持っています(あくまで個人的習慣です)
  • area == float()はなくても大丈夫です.

    • 一応,変数宣言代わりに入れておきましたが,私もこのケースですと,この1行は入れないことが多いです
      • int型のデータとint型のデータの数値演算は,int型のデータを返します
      • 一方が,float型なら,結果もfloat型になります

【別解】別解というほどではありませんが,1行で書けます
  • そもそも,変数areaに代入せずに,直接,return文に与えてしまっても大丈夫です.
    • なので,以下のようにも書けます
      • が,改行や括弧を節約することに,個人的にはあまり意義を見出せません(あくまで私見ですが)

def area_of_triangle( bottom, height ): return ( bottom * height ) / 2

SoftEng: Python/Prog/Example/02/Ex_001a/Digest (last edited 2019-10-09 17:07:38 by TadashiIijima)