Differences between revisions 2 and 3
Revision 2 as of 2018-10-25 12:56:07
Size: 486
Comment:
Revision 3 as of 2018-10-28 10:52:03
Size: 788
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 10: Line 10:
  * λ式(ラムダ式)をつかえば,以下のように定義することもできます   * 関数定義は,λ式(ラムダ式)を使って,以下のようにも書けます
   * ラムダ式は,無名関数を簡潔に定義するときに使われることが多いものです
   * が,以下のように変数に代入することで,名前を付けることができ,普通のdefキーワードによる関数定義と同様に呼び出すことができます.

[ edit ]

  • 【高度な話題/別解】メルセンヌ数
    • 関数定義は,λ式(ラムダ式)を使って,以下のようにも書けます
      • ラムダ式は,無名関数を簡潔に定義するときに使われることが多いものです
      • が,以下のように変数に代入することで,名前を付けることができ,普通のdefキーワードによる関数定義と同様に呼び出すことができます.

mersenne_number = lambda  n: 2 ** n - 1

SoftEng: Python/Prog/Example/02/Ex_002a/AdvancedTopics (last edited 2018-10-28 12:22:27 by TadashiIijima)