Differences between revisions 1 and 8 (spanning 7 versions)
Revision 1 as of 2018-10-09 06:33:52
Size: 746
Comment:
Revision 8 as of 2018-10-28 15:20:47
Size: 430
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 5: Line 5:
#acl AdminGroup:read,write,delete,revert,admin TadashiIijima:read,write,delete,revert,admin IijimaStaffGroup: IijimaGroup: IijimaObogGroup: GuestGroup: Known: All: #acl AdminGroup:read,write,delete,revert,admin TadashiIijima:read,write,delete,revert,admin IijimaStaffGroup: IijimaGroup: IijimaObogGroup: GuestGroup: Known: All:read
Line 10: Line 10:
==== 拡張問題() ==== ==== 拡張問題(3) ====
[ <<Action(edit)>> ]
<<TableOfContents>>
[[../EP_003a/Contents|*]]
Line 12: Line 15:
 ||演習() ||<-2> ||
 ||演習(a) ||[[../EP_00a||target="_blank"]]|| ||

 * 解答は基本的に,下記 行です.
  * 問題の回答としては,これだけで十分です.
  * 自分自身のソフトウェア開発のためには,できるだけコメントをつける習慣をもってください.

{{{#!highlight python

}}}

 *

{{{#!highlight python

}}}


<<Include(../EP_003a/Contents)>>
[[../EP_003a/Contents|*]]

拡張問題(3)

[ edit ]

*


概要

[ edit ]

*


ヒント

この課題で使うPythonの機能 (学習のヒント)

[ edit ]

  • この課題で使うPythonの機能 (学習のヒント)

この課題の解き方 (問題解決のヒント)

[ edit ]

  • この課題の解き方 (問題解決のヒント) ....
    • 文字列で与えられた二つの「手」から,勝敗を返す関数janken_judge_str( hand1, hand2 )を定義することができます.

      • 単純に,if-elif-else文で書けそうですね.
    • 0,1,2で,じゃんけんの「手」を表現すると,簡単な計算で,勝敗を0(あいこ), 1(勝ち), 2(負け)で求める関数janken_judge(h1, h2)も定義できます.

      • 更にヒント: 剰余系を使います.
*


実行例

[ edit ]

  • 実行例(1) ... クリックすると拡大します

fig-01

*


プログラム例: 本質的な部分 (授業中に順次公開します)

*


高度な話題 (授業中,もしくは授業後に順次公開します)

[ edit ]

  • 高度な話題へのリンク: 授業の流れを阻害しないように別ページにします

    • (後日の回の授業内容にはなる可能性がありますが,この回の授業内容には含めません).
    • に関するものです.


プログラム例: 配布コード (授業中に順次公開します)

*

*

SoftEng: Python/Prog/Practice/Extended/02/EP_003a (last edited 2018-10-28 15:20:47 by TadashiIijima)