Differences between revisions 3 and 4
Revision 3 as of 2017-10-05 14:42:53
Size: 3249
Comment:
Revision 4 as of 2017-10-05 14:43:18
Size: 3249
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 56: Line 56:
<<Include(Common/02/Page)>> <<Include(Common/Page/02)>>


授業-ソフトウェア工学(IndexPage) >> 2017年度-ソフトウェア工学 >> 2017年度-ソフトウェア工学-第02回


授業-2017年度-ソフトウェア工学-第02回(SoftEng201702)

(公開) 


02

10

04

例題

課題

復習

プログラミングの基礎(1)

プログラムとは,言語処理系



[1] 連絡事項


連絡事項 (授業前)

  • 授業前アンケートをお願いします.


連絡事項 (授業後)

  • 来週10/11は,15:00頃から隣の12-204で補習を行います
    • 補習は早目にやった方がよさそうです.


[2] 配布資料

第02回の配布資料


[3] 今回の狙い


授業の狙いと特徴


今回の狙い

  • 今回の狙い
    • Javaの仮想計算機アーキテクチャを理解する


[3] 狙い


[3-1] 授業の狙いと特徴

  • 授業の狙いと特徴


[3-2] 今回の狙い

  • 今回の狙い
    • Javaの仮想計算機アーキテクチャを理解する


[4] 今回の内容


[4-1] 概念編

  • 概要
    • 仮想計算機アーキテクチャ
      • コンパイラ(compiler)と仮想機械(VM; Virtual Machine)


[4-3] 実習編

  • 概要
    • コマンドプロンプトの使い方
      • cmd.exe
        • C:\Windows\System32
    • エディタの使い方
      • notepad.exe
        • C:\Windows\System32
      • notepad++.exe
    • Javaプログラムのコンパイルと実行
    • batch(バッチ)ファイル
      • Winodws(MS-DOS)の機能
      • MacやLinuxでは,シェルスクリプト
      • バッチは束という意味
        • 書かれているコマンドを順に実行します.
        • 制御構造もあります.
      • 拡張子は.bat
        • 001-make.bat
        • 002-run.bat
    • ビルドツールant
      • 他にもmake, gradle, sbtといったビルドツールがあります.
      • build.xml



[4] 今回の内容


概念編

  • 概要
    • 仮想計算機アーキテクチャ
      • コンパイラ(compiler)と仮想機械(VM; Virtual Machine)


実習編

  • 概要
    • コマンドプロンプトの使い方
      • cmd.exe
        • C:\Windows\System32
    • エディタの使い方
      • notepad.exe
        • C:\Windows\System32
      • notepad++.exe
    • Javaプログラムのコンパイルと実行
    • batch(バッチ)ファイル
      • Winodws(MS-DOS)の機能
      • MacやLinuxでは,シェルスクリプト
      • バッチは束という意味
        • 書かれているコマンドを順に実行します.
        • 制御構造もあります.
      • 拡張子は.bat
        • 001-make.bat
        • 002-run.bat
    • ビルドツールant
      • 他にもmake, gradle, sbtといったビルドツールがあります.
      • build.xml


例題


課題


実習


ツール

  • SoftEng201702Tool

    • Java SE(Standard Edition) jdk(Java Development Kit)
    • ビルドツール ant





SoftEng: SoftEng201702 (last edited 2017-10-05 14:46:36 by TadashiIijima)