授業-ソフトウェア工学(IndexPage) >> 2017年度-ソフトウェア工学 >> 2017年度-ソフトウェア工学-第02回 >> 課題


授業-2017年度-ソフトウェア工学-第02回-課題(SoftEng201702Kadai)


(公開) 






基本課題

  • 基本課題

    K001

    K001Hello

    最初のプログラム



拡張課題

  • 基本的な課題がすぐ終わって,時間に余裕のある人は拡張課題に取り組んでください
    • 基本的な課題がうまく動かずに時間がかかっている人は慌てる必要はありません.
      • まず,第一に基本的な課題をクリアすることを優先してください.
      • 拡張課題の内容は,補習や宿題などで取り組みましょう.
    • 拡張課題とは言っても,未だ「自分で考えてもらう」応用課題を出題する段階ではありません.
    • とりあえず,正確に理解するには未だ十分な知識を提供していませんが,制御構造の例題を作るのに役立つ要素を導入します.
      • 具体的には,日付や時刻,乱数などです.
      • 次回以降,条件分岐や繰り返しといった制御構造の例題で使う題材にする予定です.


  • 固定的なメッセージを出力するだけではつまらないので,実行するたびに異なるメッセージが出力されるようにしてみましょう
    • 実行するたびに異なるメッセージ
      • 日付や時刻を出力する
      • 乱数を使う



拡張課題: E001Hello 日付や時刻などを出力する

  • 固定的なメッセージを出力するだけではつまらないので,実行するたびに異なるメッセージが出力されるようにしてみましょう
    • 日付/時刻や乱数を使う方法がどうなっているのかをちゃんと理解するには,もう少し勉強が必要です.
    • まずは,パターンとして使うことにしましょう.

  • 拡張課題

    E001-01

    E001Hello_01

    日付と時刻の出力

    java8で導入された日付時刻API

    拡張課題

    E001-02

    E001Hello_02

    日付と時刻の出力

    年月日時分秒の抽出

    拡張課題

    E001-03

    E001Hello_03

    日付と時刻の出力

    書式付き出力

    拡張課題

    E001-04

    E001Hello_04

    日付と時刻の出力

    日付時刻用フォーマッタ




拡張課題: E002Hello 乱数を出力する

  • 日付/時刻や乱数を使う方法がどうなっているのかをちゃんと理解するには,もう少し勉強が必要なので,まずは,パターンとして使うことにしましょう.

  • 拡張課題

    E001-05

    E001Hello_05

    乱数の出力

    一様乱数 (0~1未満)

    拡張課題

    E001-06

    E001Hello_06a

    乱数の出力

    一様乱数 (1~6の整数)  

    拡張課題

    E001-06

    E001Hello_06b

    乱数の出力

    一様乱数 (1~6の整数)  




SoftEng: SoftEng201702Kadai (last edited 2017-10-20 16:51:30 by TadashiIijima)