授業-ソフトウェア工学(IndexPage) >> 2017年度-ソフトウェア工学 >> 2017年度-ソフトウェア工学-第14回


授業-2017年度-ソフトウェア工学-第14回(SoftEng201714)

(公開)




任意レポート

その他

2018-01-17に実施した期末試験について

[1] 九九の表を二次元配列に生成し,表示するプログラムを作ってください.
    クラス名はKuKuとします.
        このとき,以下のメソッドを定義してください.
    (1) 九九の表を格納した二次元配列を返す,generateKuKu()メソッド.
    (2) 九九の表を表示する,printKuKu()メソッド.

[2] コマンド行引数から,氏名(空白を含めない),身長(整数)と体重(整数)を
    受け取り,BMI(Body Mass Index)を計算し,
        BMI値と肥満度を氏名とともに表示するするプログラムを作ってください.
        クラス名はBodyMassIndexとします.このとき,以下のメソッドを定義してください.
    (1) int型の身長と体重の値を引数にとって,double型でBMIを返す
        getBMI()メソッド.
        但し,BMIは,「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で計算されます.
    (2) 得られたBMIに応じて,肥満度を判定して,文字列で,
            "低体重", "標準", "肥満"のいずれかを返す
                メソッドgetDegreeOfObesity().
        但し,BMIが18.5未満の場合を低体重,18.5~25未満を標準,
                25以上を肥満とします.

[3] コマンド行引数から,氏名(空白を含めない),生年月日(20180117という形式で)
    を受け取り,簡単な生年月日占いをし,結果を表示するプログラムを作ってください.
        クラス名はFortuneとします.このとき,以下のメソッドを定義してください.
    (1) 生年月日のすべての桁の数字を足して,二桁以上になったら,
            各桁の数字を足すことを繰り返して,1桁の数値にしてint型で返す
                メソッドgetMagicNumber(), 
    (2) その値が偶数ならhapppy, 基数ならunhappyという文字列を返す
            メソッドgetFortune().
    (3) 結果を氏名とともに表示するメソッドprintFortune()

[4] data.txtという名前のファイルに,1行に1つずつdouble型の数値が
    文字列として書き込まれているとします(最大10個).その数値を読み込み,
        データ数と,平均,分散,標準偏差を,result.txtという名前のファイルに
        書き込むプログラム作ってください.
    クラス名は,Statisticsとします.このとき,以下のメソッドを定義してください.
    (1) データを読み込むメソッドreadData(),
    (2) 総和を計算するメソッドsum(), 
        (3) 平均を計算するメソッドaverage, 
        (4) 分散を計算するメソッドvariance(),
    (5) 標準偏差を計算するメソッドstdDiv().
        但し,分散は,「各データの平均との差を二乗したもの」の平均とし,
        標準偏差は分散の平方根とします.double型の変数 xの平方根は, 
        Math.sqrt(x) メソッドで,double 型として得られるものとします.

SoftEng: SoftEng201714 (last edited 2018-01-25 16:31:00 by TadashiIijima)